Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯛焼き

20060421133309
つん様のリクエストで地元の商店街での買い物帰りに鯛焼きを買いました!土日は行列ができる美味しくて有名な鯛焼き屋さんです。あんこがたっぷり♪つん様と熱い番茶でティータイム。食べてる時だけはおとなしいから幸せな一時です。
まだ咳はたまーにするし、鼻水はでているものの、ほとんど完治に近いつん様。でもまだ公園に行って遊ばせる勇気はない・・・。
今回、つん様が体調を崩したのはなんでか?原因をさぐってみる。
・4月1日に高熱を出す以前から、鼻水がでていないのに朝おきると必ず咳き込んでいたのに、咳以外は元気だからと薬も飲ませずにほっておいた。
→今思えば、鼻水が喉におちてきて出る咳ならわかるが、鼻水も出ていない咳が長く続くのはやはりおかしいから薬をきちんと飲ませるべきだった。
・慣れていないモンテッソーリ園の活動で緊張し疲れているのに、その後トイザラスへ繰り出し、ランチにケンタッキー(脂っこい)を食べさせたあげくアイスも食べさせたこと。
→普段はでかけても14時くらいには自宅に戻るようにし、つん様もお出かけをすると必ず昼寝をしていたのに、できなかった。そのうえ脂もの+アイス。
腸に負担がかかったよね。あと、モンテッソーリ園の園児の子で、1人鼻水をたらし、すごい咳き込んでいる子がいて、大丈夫かなあ・・と思っていたのもあった。つん様その日は14時間フル稼働してたもんなあ。つん様ごめんね、疲れてたよね。それも肉体的な疲れよりも精神的な疲れが・・・。
私のまわりのママ友達は、子供がもっと小さい頃から色んなところにでかけたり、子供や自分の習い事をしたり、とかなりタフな人が多い。かくいう私は心配性の気質と、実母からの「友達と子連れであちこちでかけるなんて、疲れにいくだけだよ。私なんてそんなことしたことないわよ」というお言葉により、よほどのことがない限りはママ友達とおでかけ、とか、ランチ、とかしてこなかった。特に歩き出し、色んな事に興味を持ち出す1歳すぎてからは、夫と行くか、実母や妹、とあれこれ言える関係の人とじゃないと出かけるのが怖い。全くママ友達と出かけていないわけじゃないんです。何度かおでかけしてみた結果、実母のいうことは本当だなあと納得したんです。実際にママ友達と出かけるとすごく楽しくて、買い物や、寝た隙にお茶したりして、その場はすごく楽しくてリフレッシュ!!とか思うんだけど、帰宅後はその倍くらい疲れてしまい、つん様に手がかけられなくなったり、出先でやんちゃをするつん様に怒ってしまったり、と結局つん様にしわよせがきてしまう。やはり私とつん様には公園、下町情緒あふれる商店街での買い物(といっても大きな大学が2箇所あるので、かわいい雑貨やおいしいお店がたくさんあるのよ)があってるんだな。今回、つん様が生まれて初めて長い期間体調を崩して、改めてこれからの子育て・つん様といかに楽しく健康に生活していくかを考えることができました。
スポンサーサイト

早く治りますように

20060418141343
看病記録の続き(かなりの長文)です。15日、大好きなチーズパン、ハッシュポテトにまったく手をつけず、ぐったりしながらもソファーで大好きな仮面ライダーを親子3人でみていた。お昼ごはんに昆布、煮干、鰹節、干ししいたけでだしをとり、野菜たっぷりのあたたかいそうめんを作るが一口でやめてしまう。
夫婦でささっと昼食を済ませ、病気の時に寝かせる際の準備グッズ:こんにゃくゼリー(ぶどう・桃)ポカリ、熱い番茶、体温計、着替え、オムツ、体温記録をつけるメモ帳を袋につめ、つん様と寝室へ。
枕元には真弓定夫医師の「自然流育児」の本と山田真医師訳の「小児科に行く前に」を起く。この2冊を読むと高熱に対する不安が消え、病院への行く見極めがつき、かなりオススメ、育児中には必須の本です。
寝室にてこんにゃくゼリーを食べ、ポカリをがぶがぶ飲み横になる。顔が真っ赤でふうふう言ってる。熱をはかると再び40.4度!笑顔もみられるし、きちんと会話もできる。大丈夫かなあ。
つん様がうとうとしているすきに結婚式に一緒に出席する予定の母に電話をする。さすがにこの時間に(14時)キャンセルはできない。式だけは欠席して、披露宴が17時半からだから行こう!となる。母も母だが「大丈夫よ!つん父がいるんだから!絶対に来なさいよ!」といわれる。それを察知したかのようにつん様が泣き始める。本当に当たり前のことだけど、体調が悪いからこそ、つん様は私を求めて横にいないとすぐに泣き出す。案の定、さっきまでは「何時にでかけるの~?」とのんきだったつん父も15時過ぎになって急に「今日は行くの辞めたら?」と。結果的に夫婦の仲も最悪のまま、泣くつん様をふりきり、昨夜風呂に入れずぼさぼさの髪のまま自転車に飛び乗り駅に向かう。あとはとにかくつん様がひきつけを起こさないでいてくれることを祈るのみでした。電車の中でつん様くらいの子を見るたびに涙があふれてくる。でもつん様も頑張ってるんだし、絶対大丈夫!と言い聞かせ式場へ。
その頃つん様は、私がいなくなり相当不安になったであろうつん父の最終手段、つん父の実家に高熱の中連れて行かれていたのでした・・
つん父の実家には義理の兄夫婦とつんの従姉弟にあたる男の子3人も同居していて、つん様も義理の兄夫婦と従姉弟たちが本当にかわいがってくれるおかげでみんなが大好き。でもそこで私にとってはショックなことが起きていた・・
つん父からのメールで、つん様も私が外出してからすぐに泣き止み、実家にいること、義理の姉が座薬を入れたこと、そのおかげで熱が下がりおにぎりを食べ従姉弟と遊ぶ元気がでてきたからゆっくりしておいで、と。
座薬入れたのお~!!うそでしょお~!!
・・・つん様は過去に突発と、昨年のインフルエンザと4月1日の高熱と3.4回は40度の熱を出しているが、一度も座薬は使ったことがないし、これからも使うつもりは全くない。真弓医師の本に、熱にはほっといて良い安心な熱と、だめな熱があり、39、40度の熱が3日続くくらいなら大丈夫だと書いてあり、それをつん様の過去の看病を通して本当なんだなと実感しているから。
座薬を子供が辛そうだから、かわいそうだから、といっていれることによりかえって痙攣をひきおこしたりすることもあるそうだし。何より薬に頼らずに自己治癒力を信じてあげることが本当に子供のためなのではないか?
だって、大人でも39、40度の熱が出れば食欲はなくなるしぐったりもする。でも汗をかき喉がかわけば必然的に水分くらいは自分でとる。冷たいアイスや果物が食べたくなる。無理やり栄養のあるごはんを食べろといわれても
身体がうけつけない。
座薬をいれて、熱を薬で下げれば御飯も食べてくれるし、ぐっすり寝てくれる。でもそれは子供のためではなく、看病している大人の辛さ・不安を緩和するためのものなんだろうなあと思う・・・
座薬を入れたというメールを見た途端、お色直しを見てから帰ることを決意。
そして家についてみると・・普段なら自転車や車の音にすぐに反応し窓ガラスにへばりついて出迎えてくれるのに・・玄関のかぎをあければ気がつくかな?
と中に入っても応答なし。つん父とニモのDVDをボーっとみている。私が近づいても全く気がつかない。「つん様!!」と呼びかけてやっと気がつく。熱は37.1分。でもおでこは異常に熱いのに、手足が氷のように冷たい。急いで着替えてつん様と寝室へ。すぐにうつらうつらとしだすが、途中うわごとを何度も言う。熱にうなされてのうわごとは何回も経験したけど、熱もないのに
なんでうわごとをいうの?頭はあついのに手足は冷たいの?このまま痙攣を起こしてしまったらどうしよう・・・と座薬の怖さを知り、涙がでてきた。
どうか無事に朝を迎えられますように、と心から祈った母でした。
翌朝(日曜日)は熱も37、1分。体力消耗してふらふらしているものの、あたたかい素麺も食べれたし、「お外いこう」といつものつん様に。つん父が、私の看病疲れを気にして朝食後つん様と二人でドライブにでかけていった。優しい夫に本当に感謝。つん様とつん父は近くのドライブ後近くのホームセンターで買い物をして帰ってきた。帰りの車でつん様うとうとしたみたい。
お昼はつん父の激ウマチャーハンをつん様も驚くほど良く食べる。つん父が食べていたカップラーメンもつまみ食いするくらいの食欲。
昼食後すぐに寝室へ。親子三人で3時間爆睡する。
機嫌よくおきたつん様だが熱が37,7。また熱がでてきた。でも、40度近くの熱が続くと、これくらいのおでこの熱さが平気になってくる。慣れってこわい・・。夕飯は白い御飯とお味噌汁を少しだけ。19時には寝室にあがりすぐに寝てしまう。寝る前に計ると38,5。明日こそは小児科にいこう。
月曜日の朝。機嫌よく起きる。熱を計ると36,5。リビングへいくと元気に遊びだす。おじやと苺を少し食べる。お菓子はよく食べるのに・・病院いかなくても大丈夫かなあ。でもやはり夜中の咳もきになるし、日中もげほげほしているし・・午前中かかりつけの小児科は担当の先生がいない可能性もあるし月曜は混んでるだろうから午後に行く事に。昼食のうどんには殆ど手をつけず、苺とゼリーのみ。寝室で横にさせるとすぐに寝るが、昼寝中熟睡ができず何度もおきる。熱が38.6。すぐに小児科へ。
小児科は思ったよりすいていた。熱を記録したメモを先生に渡す。一通り診察して、熱が長いからレントゲンと血液検査をしましょう、といわれる。レントゲンも血液検査も看護士さんたちにほめらえるくらい泣かずに頑張ったつん様。レントゲンは特に異常なし。とりあえず抗生物質を出すので、今夜と明日朝飲んで、血液検査の結果も明日午前中に分かるので再度受診するよういわれ
帰宅。夕飯はうどん3口にごはん2口。ゼリー。19時には寝てしまう。また
熱が39、1。でも薬のおかげか夜中の咳が落ち着いたような感じ。
火曜日朝、37,6。機嫌よく起きる。しらす御飯を一口だけ。でも元気はよくて「お外いこう」とせがむ。11時に小児科へ。血液検査の結果は、細菌感染もないし、炎症反応も安定している。マイコプラズマが検査中だが、可能性は低い気がする。でも、薬がきいてるようなので、マイコプラズマ用の抗生物質を引き続き4日間飲みきるように。飲みきっても咳が続くようなら再度受診を。でも、もう治る段階には入ってきてるはずだよ、とのこと。帰宅後昼食に素麺、ゼリー、苺を食べて昼寝。この昼寝の後に必ず熱があがるから怖い。
案の定、昼寝から起きると38,7。私も鼻風邪をひいたみたいで鼻水がひどく喉も痛い。つん様も鼻水が大量に出始めたので、すぐにかかりつけの耳鼻科へ。この耳鼻科にはつん父のおじいちゃんからお世話になっているし、名医と評判で激混みなんだけど、運良くすいてた。先生に状況を話すと「マイコプラズマだろうねえ」とのこと。マイコプラズマから中耳炎を引き起こすから気をつけるように言われ、帰宅。寝る前の体温38,3。家族感染があるとしり、
つん父には隣の部屋で寝てもらうことに。
水曜日。機嫌よく起きる。熱は37,6。昨夜夕飯をあまり食べてないから体力がつくように、と久しぶりにホットケーキをつくる。しかも小麦粉ではなく
生活クラブで最近取り組みが始まったこめ粉で!これがとっても美味しい!
レシピが後日書くとして、このホットケーキにこれまた生活クラブの激ウマ
生チョコスプレッドを塗ったところ、つん様が半分以上食べてしまった!ああ
母感激。薬が効いているのか、咳もかなり落ち着き元気もりもりのつん様「お外いこうよ」と泣き喚くくらいに復活。今日は暖かいし、京王線を見がてら買い物に。帰宅後、ラーメンをぺろりと食べ、病気のつん様には甘くなりお菓子も食べたいものを食べさせ、昼寝。昼寝後も熱は37,4。つん様は鼻のとおりもだいぶよく、口呼吸することなくねむれていたけど私の鼻風邪がひどく妊婦で薬も飲めないため、散歩がてら耳鼻科へ。混んでたらやめよう、と思ったけど終わるぎりぎりだったせいか(17時半)すごいすいてた!鼻を吸引。中耳炎も大丈夫!20時就寝。熱は37,5。
木曜日朝。熱37,6。とても元気。今朝もホットケーキをせがまれ、つん様と作る。また「お外お外」攻撃。昼食は久しぶりにトマトパスタを作りつん様ももりもり食べる。熱は36,8。咳もたまに出る程度。ああ、やっと快方に向かってきた・・・かれこれ1週間。つん様生まれて初めての長い看病記録になりました。皆さんもくれぐれもお気をつけくださいね!!

またもや高熱

モンテッソーリ園のクラスから帰ってきて、咳を少ししていたのが気になっていたのですが、夜中も何度が咳をしたのが心配で14日の朝一番で耳鼻科に行ったところ「喉が真っ赤だよ」と言われてしまいました(涙)明日は友人の結婚式なのになあ・・と不安がよぎる。「公園行く」といわれないように、ウルトラマンと仮面ライダーのビデオをかり、買い物をして自宅へ。今日はゆっくりしようと思って、お昼にうどんを食べて仮面ライダーを見ているとTSUN様の様子がおかしい。ついさっきまで元気に遊んでたのに、子供ってほんと急変するんだなあ。熱を計ったら8度5分。抱っこしていたら直ぐに寝てしまいました。だんだんほっぺが赤くなり、ふうふう苦しそう。熟睡もできずに寝返りばかりのTSUN様。熱を計ると9度8分!寝ているのを起こして小児科に行くべきか?とりあえず実母に電話。寝ているのを無理に起こして病院に行くのはやはりかわいそう、ということになり、一日様子を見ることに。17時すぎに目が覚めるとかなり機嫌が悪い。熱も40、4度!!2階の寝室につれていき、寝かせる。今日に限ってTSUN父は遅い・・・不安ながらもとりあえず水分補給のためのポカリ、りんごジュースを酒屋に頼む。水分だけはと思うがなかなか飲んでくれない・・・無理に起こして含ませる。

追記を表示

我が子が高熱を出した時

ブログを始めた途端、TSUN様が久しぶりに高熱を出してしまいました。
最高で39度7分まであがり、昨日は不安な一日をすごしましたが、今朝には
平熱に下がり、元気も機嫌もよく一安心。
私は5ヶ月ぶりに美容院へ行き、春らしく軽くしてもらいました♪
TSUN様は鼻風邪をひくことがあっても、熱をだすことはほとんどありません。頑張って完全母乳にし、離乳食を11ヶ月からスタートしたり、「粗食のすすめ」を参考にしているおかげかな?
去年の同じ日にTSUN様はインフルエンザにかかりました。TSUN父がうつしたのです。風邪などもいつもTSUN父が持ってくる・・困ったものです。だから今回もいきなりぐぐっと熱があがり「まさかまたインフルエンザ?」と心配になり久しぶりにかかりつけの小児科へ。
先生はもうインフルエンザの時期は終わっているので、ようれん菌とアデノウイルスの検査をしましょうとのこと。結果は両方マイナスで、ウイルス性の風邪かな・・と言われ、咳と鼻水の薬のみもらってきましたが、一度も飲ませていません。

追記を表示

Appendix

プロフィール

つん母

Author:つん母
つん母:東京都内在住。神輿命のばりばりの江戸っ子つん父と、3歳の男の子・つん様、8月に生まれた6ヶ月の女の子・愛称こぶ様との4人暮らし。昔ながらの和風・自然育児と、モンテッソーリ風育児を心がける育児・家族日記です。

最近の記事

最近のトラックバック

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。